CALENDAR

2019年2月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

赤日は全ての業務の休業日

青日は出荷なし お店は営業

Do It Yourself!

WOOD DEPOTの店長でありクラフトマンの中川が、日々のあれこれを綴ります。

2016年8月29日(月)

ドア枠もヴィンテージ加工は必要?

今回は
お客様からよくいただく
ご質問の一つをご紹介いたします。

『ヴィンテージフィニッシュ木製ドアを検討中ですが
ドア枠もヴィンテージ加工して仕上げていただけますか?』
『ドア枠もヴィンテージ加工で揃えた方がよいのでしょうか?』

などのご質問をいただきます。

ヴィンテージフィニッシュ木製ドアの
特長である、古ぼけたアンティーク感や雰囲気を
ドア枠にも表現しなくてはいけないのでは?
と考えられます。

では、実際ウッドデポのショールームに取り付けた
ヴィンテージフィニッシュ木製ドアと
ドア枠はどうなっているかご覧いただきましょう。

〇印のドア枠部分は ヴィンテージ加工は行わず
(ヴィンテージ加工ドア枠の取り扱いはございません。)
製品としては無塗装ですので
自然塗料や水性塗料で仕上げていただきます。
(コストダウンにもつながりますね。)

ヴィンテージフィニッシュ木製ドア自体に
インパクトがあり
かなりの存在感がございます。

仮に、ドア枠まで
同様にインパクトと存在感を出してしまうと・・・

存在感があるもの同士が喧嘩をしてしまい
騒がしくなってしまい
せっかくの雰囲気がかえって損なわれてしまいます。

column image

いかがでしょう。

枠は自然塗料や水性塗料で仕上げる事により
ヴィンテージフィニッシュ木製ドアがほどよい存在感で
バランスよく周囲と調和してますね。