CALENDAR

2019年12月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

赤日は全ての業務の休業日

青日は出荷なし お店は営業

◆Contact: TEL 077 537 3901 / FAX 077 537 3902◆

Do It Yourself!

WOOD DEPOTの店長でありクラフトマンの中川が、日々のあれこれを綴ります。

2015年5月22日(金)

休日の手作りベビーフェンスとゲート

休日の昼下がり

我が家より恒例の
日曜大工の依頼が入りました。

現在10ヶ月になる冒険心溢れる息子。
ハイハイやつかまり立をして
縦横無尽に家中を駆け巡り、、、
目が離せないので何らかの対策が必要との要望。

column image

ということで
ベビーフェンスとベビーゲートを
ガラクタとなり眠っている木の板や
ウッドデポの木製ドアの端材を使って
手作りする事になりました。

column image

息子は廊下を突破し玄関に突入していくので
まずは玄関に手作り木製ベビーフェンスの製作開始。

据え置くだけで脱着移動可能にし
動かして掃除がしやすい様に考えます。

≪材料ラインナップ≫
01・・・昔ホームセンターで買ってきた木製棚板(集成材)
02・・・B級品の木製ドア
03・・・2×4SPF材の端材
04・・・イケア IKEA ステップツール

単純に端材を玄関巾に合うように並べ
木ビスで止めただけのものですが、、、

column image

早速、子供たちに出来栄えを確認してもらいました。

イケアのステップツールは娘の靴を履く時の腰掛台となりました。
それなりに満足してくれたようです。

注意点は、木は少しささくれ立っている部分があれば
トゲが危険なのでペーパーがけをします。

完成です。

column image

こちらもトイレのベビーフェンス
余った木製棚板(集成材)を
ドア枠の枠内寸法に合わせてカットしただけの物。
棚板だけだと押すと板が倒れてしまうので

「そのうちトイレのドアと枠から徐々にウッドデポの木製ドアと木製枠に交換していこうと企みながら、、、」
気にせず枠に直接ビス打ちし固定。

掃除の時は上にスライドさせると取り外せるように工夫しました。

column image

こちらはベビーゲート
娘のおもちゃ小部屋

開閉可能にする為に吊元に丁番を取り付けて
締めた時には掛金(金物)で固定できる様にしました。

端材を再利用することで節約にもなりますね。