CALENDAR

2019年7月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

赤日は全ての業務の休業日

青日は出荷なし お店は営業

!『各種加工』及び『各種カスタムドア』 ご納品期間のご案内!

たくさんのご注文、心より御礼申し上げます。現在下記期間をいただいております。

◆ご納品までの期間: 約1ヶ月~◆ ◆7月中旬頃ご注文での最短お届け時期: 8月下旬以降◆

お急ぎのお客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

今日の一枚

WOOD DEPOT のmamaカメラマンnaokoがお店の風景や日常を切り取るフォトダイアリー

2016年5月03日(火)

上手に写真を撮る方法『公園編』

こんにちは!
ゴールデンウィークに入り、
全国的に行楽日和ですね。
澄み渡る青い空や色とりどりの花たちがキレイで、
ついついシャッターを押す機会が増える頃かと思います。

そこで、今回はカメラ撮影のちょっとしたポイントのお話しをしたいと思います。
と言っても、まだまだカメラ勉強中の私ですので、
私が撮っていて、
コレいいんじゃない??
と思った撮り方を少しだけ。

今回は公園編です。
公園に行くと子供たちとてもいい表情になりますよね。
写真を撮りたいけど、
じっとしていないのでブレるブレる(笑)
こっちに来てーという訳にもいかないので、
まずは追いかけてみます。

ブランコに乗ったらシャッターチャンスです!
ついつい正面から撮影してしまうのですが、
少し近づいて下から見上げるような姿勢で撮影してみてください。
とても動きのある楽しそうな写真になります。
しかし、くれぐれもブランコに気をつけて下さいね!

column image

次に、こっちを見てー
と言っても遊びに夢中で向いてくれない場合(笑)
思いきって真上から撮影してみて下さい。

その時、子供たちプラス何か色のある物を入れて撮影すると可愛く撮れます。
お花だったり、
ボールだったり、
お砂場グッズだったり、
何でもかまいません。

私は公園の飛び石が丸くて可愛かったので一緒に撮影してみました。
顔は見えませんが、
少しアート的でかっこよく、
そして子供たちの夢中になる様子が感じられる写真になると思います。

column image

最後に、
何人かで遊びに来ているのにバラバラに遊んでいて一緒に撮れない場合。
諦めてバラバラに撮らず、
みんなが入る角度を見つけて遠近法で撮ってみて下さい。

公園の遊具や全体的な雰囲気、
背景がたくさん入るので季節感の分かる写真になります。

みんなの楽しそうな様子と
こんな公園だったなーと
後々見返すのにも良い写真になると思います。

column image

また、公園で走り回る子供たちを撮影する際、
ファインダーやスマホの画面を
のぞかずにパシャパシャとたくさんシャッターを切るのもおすすめです!
子供の顔の高さでカメラを持ち、
一緒に走りながら撮影してみて下さい。

子供たちの目線から見える景色と、
撮影されていると感じにくいので、
構えていない自然な表情が撮れると思います。

しかし、この撮影方法はブレたり被写体が画面から外れてしまったりと、
失敗している写真が半分以上になると思いますが(汗)、
奇跡の一枚が含まれている事が多々あるので!
是非一度試してみて下さい!

少しでもみなさんの参考になりますように。。
次回はインテリア編書いてみようと思います。
待っていて下さいね。