CALENDAR

2019年12月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

赤日は全ての業務の休業日

青日は出荷なし お店は営業

◆Contact: TEL 077 537 3901 / FAX 077 537 3902◆

今日の一枚

WOOD DEPOT のmamaカメラマンnaokoがお店の風景や日常を切り取るフォトダイアリー

2015年1月6日(火)

手作りの農作物

明けましておめでとうございます

2015年の幕が開きました

ウッドデポは今一層
皆様にワクワクをお届けできるお店になれるよう
頑張っていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

さて、今回は手作りの農作物のお話。

写真は先日ママ友に頂いた
「お家でとれたにんじんちゃんとじゃがいもくん」

column image

そして

こちらは別のママ友に頂いた

「実家で作っているお米さん」

column image

私は滋賀県に引っ越してくるまで、お友達やお友達の実家で
農作物を作ってる人に出会った事がありませんでした。

なので、毎回頂くと、すごく感動してしまうのです。
家族の為だけに作られた愛情たっぷりのスペシャルなもの。

〇〇ちゃんのおばーちゃんが作った〇〇
〇〇くんのじいじが作った〇〇
など、どれも作った人たちの気持ちがこもっていて
とてもあったかく
それはそれはおいしいもの。

作っている人が分かっているとなぜこんなに美味しく感じるのでしょうか?

もちろん、新鮮であるから、農薬を使っていないからと
具体的な理由もあるのでしょうが
こんなにも味が変わってくるのが本当に不思議です。

食べ物の話と少し異なりますが
ウッドデポのステンドグラスもクラフトマン中川が一から全て
手作りをしています。

column image

一点一点心をを込めて作っているので
木製ドアに付けてお客様にお届けする時には
「かわいがってもらうんだぞー」と
まるで嫁に出す父親の気持ちになる
と中川は言っております。

手作りのぬくもりを皆様に感じて頂けますように、、、

column image

ステンドグラス木製ドア:266ダイヤドア

施工例ギャラリ―:千葉県 H様