CALENDAR

2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

赤日は全ての業務の休業日

青日は出荷なし お店は営業

◇『各種加工』及び『各種カスタムドア』 下記納品期間のご案内◇

◆ご注文から出荷までの期間: 2週間前後◆ ◆8月下旬頃ご注文で出荷時期: 9月上旬頃◆

WOOD DEPOT 通信

ドアコーディネーターの神村によるWOOD DEPOTの最新情報、インテリアコラム。

2016年9月24日(土)

みちのおくの芸術祭!山形ビエンナーレ

みなさん芸術してますか?スタッフ小関です。
週一ペースで台風が来たりと、なかなか天候が安定しない9月でしたね。
そんな中、小関は山形ビエンナーレを見てきました。

小関の故郷は、東北の山形です。
(普段はニセ関西人として、あやしげな関西弁を駆使してどうにか生活を送ってます)
最近はケンミンショーなどのテレビ番組でも取り上げられ、にわかに注目を集めつつあり嬉しい限りです。
そんな山形LOVEな私が、タイミングよく帰省したことも手伝って
9月3〜25日で開催されている『やまがたビエンナーレ』を見ることができました。

column image

写真はビエンナーレの会場となっている『文翔館』です。
国の重要文化財に指定されていて、以前は県庁と県会議事堂として使われておりました。
大正5年に建てられた歴史ある建物で、最近は映画のロケーションとして使われることもあるそうです。

山形ビエンナーレは、東北芸術工科大学が主催する2年に1度の芸術祭で、
県出身の絵本作家である『荒井良二』さんが芸術監督として参加されてます。
山形市のあちこちでアート作品が見られる非常に刺激的な芸術祭です。

column image
column image
column image

写真は荒井良二さんの『きょうはそらにまるいつき』の原画です。
製本されている絵本はとても素敵ですが、やはり原画のオーラといいますか
ほとばしる表現のパワーにはとても刺激を受けました。

3枚目の大きな本は、いしいしんじさんと荒井良二さんが即興で作られた小説になります。
最終日の25日にエピローグを書き上げて完成するとのお話でした。

column image
column image

こちらはミロコマチコさんとEHON LABO. さんによる立体絵本『あっちの目こっちの目』です。
野生動物にまつわる100以上の体験談から人間から見た野生動物が山車の内側に描かれていて、
外側は野生動物からみた人間たちといった構成になってます。

作品のサイズは非常に大きいのですが、非常に繊細なタッチで一体一体仕上げてあり
設置されたホールには全6体の作品が展示されてましたが、見ごたえのある素敵な展示でした。

column image

こちらは文翔館から歩いて15分ほどのところにある、山形ビエンナーレ会場の一つである『洗心庵』です。
展示は中で行われていましたが、お庭がきれいに手入れされて、緑が美しくとても心地よい空間でした。


今回の山形ビエンナーレを通して、自分が知らない新しい山形に触れられた気がしました。
こういった催しものを通して、観光でこられた方にその地域を知ってもらったり、 改めて郷土愛を深めてみたりと非常に有意義なイベントだとしみじみ感動しました。
2年後の第3回山形ビエンナーレを楽しみにしつつ、次回の帰省時には今回のおさらいビエンナーレを楽しもうと心に決めた小関でした。