CALENDAR

2019年12月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

赤日は全ての業務の休業日

青日は出荷なし お店は営業

◆Contact: TEL 077 537 3901 / FAX 077 537 3902◆

Do It Yourself!

WOOD DEPOTの店長でありクラフトマンの中川が、日々のあれこれを綴ります。

2015年5月13日(水)

オイル交換にチャレンジ

いつもは木製ドアにまつわる話が多いのですが
今回は少し趣向を変えてお伝えいたします。

お客様のお家にご訪問する時や
関西近郊で急遽
直接ご納品させていただく時に
活躍してくれているウッドデポの車をご紹介します。

column image

普段はヴィンテージメイド木製ドアなど
受注製作をする作業場ですが
作業が休みの時は
車庫になりウッドデポの車を駐車しております。

いつもお世話になっている車屋さん(これよりサンカーズさんと呼びます)が
少し離れているので(愛知県一宮市)、なかなか伺う事ができずに
オイル交換時期(約5000km~/毎)がやってきました。

サンカーズさんに相談してみると
「オイルを送ります。」
「簡単ですので自分で交換してはいかがでしょう。」
と、おすすめいただきました。。。

column image

お世話になっている車屋さん:ランドローバー一宮・サンカーズ

若い頃はバイクが好きで
いつもバラバラに分解しては組立てて
自称改造マニア。
そんな時期を思い出しまして、、、

とは言うものの、今となっては
専門的な知識などほとんどなく素人、、、

いつもはお客様からのお問合せのお電話で
木製ドアの取り付け方や
塗装の方法などなど
いろいろアドバイスさせて頂いておりますが
今回は逆の立場、、、

お客様の気持ちがわかるというか、、、
ちょっぴり不安なので
何度もサンカーズさんに電話をかけて
いろいろご指導いただきました。
親切にご対応下さり
本当にありがとうございました。

的確にアドバイス下さると俄然やる気がでできますね。

それでは、オイル交換の始まりです。

車高が高いので床に段ボールを敷いて
そのままもぐり込む事ができますにで作業が楽でした。

オイルパンについているドレンボルトを
ボックスレンチを使ってゆっくりゆるめていきます。
ドレンボルトを一気にゆるめて外してしまうと
オイルが飛び出してきますので注意しました。
(走行直後だと、エンジンが熱いので冷えた状態で作業しました。)

column image

アイテム: 汚れたオイルの処理箱

勢いよく汚れたエンジンオイルが出てきました。
こぼさないように汚れたオイルの処理箱に入れます。

このオイル処理箱はカーショップのオイルコーナーで買ってきました。
地域により異なりますが、可燃ごみで処分でしますので便利ですね。

古いドレンボルト(パッキン一体型)使いまわすとオイル漏れの原因になるということなので
新品に交換しました。

column image

新しいエンジンオイルを注ぎ込みます。
オイルゲージを見ながら
適切な量を確認してオイル交換完了です。

column image

末永くウッドデポで活躍してもらえるように
もちろんこまめなオイル交換は大事ですね。

ランドローバー・ディフェンダー・110
約60年以上前の形を現在に引き継ぐクラシカルさも特長の一つです。


『ランドローバーが贈る、人生最高のバレンタインギフト』

若いころ買った
青春時代の思い出が詰まった車、、、

大人になり
今はスクラップ同然で動かない、、、
別れは辛いけど、好きな方に修理して乗ってもらいたいと売却することに、、、

だがしかし、オーナーには内緒で密かに、なんとランドローバー社が買い上げ
当時のままを忠実に復元修理。
そして、、、

続きは動画で
是非ご覧ください。

本編のコラムとは何の関連もございませんが
素敵ですのでご紹介させていただきました。